メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始
労働基準監督署の対応実務 残業コストに耐える組織を作ります

労働基準監督署の調査とは


労働基準監督署の調査→是正勧告とは

労働基準法等の労働法関係法令については、事業主(以下経営者とします)にこれらの法律を守らせるために行政刑罰の罰則を設けて法令違反をしないように厳しく定められています。

経営者は法令を熟知し予め令を守る(コンプライアンス)ということが税法であれ労基法であれ全てに求められるのです。

特に法労使トラブルが多発している近年、経営者は法律を知らなかったというだけでは済まされない状況になりつつあります。

無知は罪とされてしまうのです。

また知らなかったことで会社が傾くこともあるのです。

続きは→労働基準監督署の調査とは
年金事務所の社会保険調査・総合調査とは

  スポンサードリンク
            

平成26年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果を公表

平成26年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果(厚生労働省)
重点監督を実施した事業場の約半数にあたる2,304事業場で違法な残業を摘発
【重点監督の結果のポイント】
1.重点監督の実施事業場:4,561 事業場
   このうち、3,811事業場(全体の83.6%)で労働基準関係法令違反あり。

2.主な違反内容 [1のうち、法令違反があり、是正勧告書を交付した事業場]
  (1)違法な時間外労働があったもの:2,304 事業場( 50.5 % )
    うち、時間外労働※1の実績が最も長い労働者の時間数が
       月100時間を超えるもの  : 715事業場(31.0%)
       うち月150時間を超えるもの: 153事業場( 6.6%)
       うち月200時間を超えるもの: 35事業場( 1.5%)
  (2)賃金不払残業があったもの: 955 事業場( 20.9 % )
  (3)過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの:72 事業場( 1.6 % )

3.主な健康障害防止に係る指導の状況
[1のうち、健康障害防止のため指導票を交付した事業場]
(1)過重労働による健康障害防止措置が 不十分なため改善を指導したもの:
 2,535 事業場( 55.6 % )
 うち、時間外労働を月80時間※2以内に削減するよう指導したもの:
 1,362事業場(53.7%)
(2)労働時間の把握方法が不適正なため指導したもの:1,035 事業場(22.7%)
詳細→平成26年度過重労働解消キャンペーンにおける重点監督実施状況(PDF)
右クリックしてPDFを保存して閲覧して下さい。

  スポンサードリンク
            

是正勧告書・指導票・是正報告サンプル


是正勧告書・指導票・是正報告書サンプルダウンロードのご案内(無料)
労働基準監督署の調査を受ける前に、是正勧告書、指導票をみてはいかがですか

是正勧告書サンプル1・2・3・4(PDF形式)

指導票サンプル1・2・3・4(PDF形式)

是正報告書サンプル1(PDF形式)

是正報告書サンプル2:WORD形式で加工可能

ダウンロード先アドレスをお知らせいたします。

是正勧告書サンプルのお申し込みはこちら
(提供:日本人事労務パートナーズ)

是正勧告書サンプル

一般企業向け是正勧告対策セミナー


一般企業限定「労働基準監督署の【是正勧告】対策セミナー」

 〜 税務調査より怖い『労働基準監督署調査』に備える方法とは 〜
日 時:2015年開催未定
会 場:東京
受講料:40,000円(税込)

一般企業限定「是正勧告対策セミナー」のお問い合せ

セミナー講師派遣のお問い合せ


是正勧告対策協議会代表松崎直己
講演の模様

セミナー講師派遣のお問い合せはこちら

マスコミ取材・執筆のお問い合せ


小さな会社はじめての総務の仕事
人事マネジメント
人事マネジメント記事

マスコミ取材・執筆のお問い合わせはこちら

労働基準監督署の調査とは


無料で産業医のご紹介いたします
無料で産業医をご紹介いたします。
全国対応可能です。
無料書式集
WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集です。

What's new

「労働新聞」に代表松崎が掲載されました。
代表松崎の考え方が掲載されています。
専門家紹介ページにて全文掲載しております。
06月「賃金不払残業重点監督月間」
11月「賃金不払残業解消キャンペーン月間」
11月「労働時間適正化キャンペーン」

  スポンサードリンク
            
このページの先頭へ

ページの終了