メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

是正勧告対策協議会コンテンツ

このページはホームの中の是正勧告対策協議会コンテンツのページです。

指導票とは

労働基準監督官が事業場の監督した際、法令違反にはならないが、より改善した方が良いと思われる事実が発見した場合や法令違反になる可能性がある場合にそれを未然に防止するという意味で「指導票」というものが交付されます。

この指導票に記載された指導に必ずしも従う必要はないのですが、できるだけ改善することが望ましいでしょう。

【指導事項の例】
休憩時間が2時間を超えている事業場に対し、休憩を確実に与えるように指導した例
割増賃金の計算について、留意することを指導した例
パート等の有給休暇について、適切に与えるように指導した例
始業終業時刻の管理を適切な方法で与えるように指導した例

指導票の特徴

指導票は労働基準監督官の行政指導にすぎません。

指導自体を守らない事業主に対して罰則を科することや強制ができないこととなっております。

是正勧告対策協議会コメント

指導票とはいえ法令違反になる可能性がありますので、労務管理等を見直しを含めて改善をすることが必要でしょう。法令も近年改正がありますので随時見直しが必要となります。

  スポンサードリンク
            
このページの先頭へ

ページの終了